伊勢参りと文化村


伊勢、行って参りました。

今回は、初めてレンタカーしたので、
今まで行けなかった猿田彦神社にも行けました♪


201611伊勢01

もちろん、
伊勢神宮の内宮にも。

201611伊勢02

朝一、
雨上がりの神宮には、


201611伊勢03

清々しく、厳粛な空気が流れていました。


201611伊勢04

続いて立ち寄ったのが、二見浦駅
この駅舎のデザインは、


201611伊勢05

この夫婦岩なんでしょうね。


そして、それから向かうのはこちら・・・。
遠くに見える安土城

201611伊勢06

前から、
一度行ってみたいと思っていた

伊勢安土桃山文化村!


201611伊勢07

入口は、戦国時代を思わせる砦。


201611伊勢08

槍を突いている兵士とか・・・。
自ずとテンションが上がります。


201611伊勢09

入園すると、すぐ出迎えてくれるのは、
騎馬を走らせる武士。


201611伊勢10

街並みとか、雰囲気があって良かったです。
この日は平日だったせいか、とにかく人がいない・・・。

けれども、この人の少なさが、また良かったりもしました。


201611伊勢11

そして、安土城!!!
いやぁ、とにかく立派。

ネットでみると、
品がないだの、何だの言う人がいますが、
「華やかさ」という意味では、これはこれでいいのではないかと。


201611伊勢12

城内には、
織田信長の一生をテーマに展示物があり、
これもまたとてもよくできていました。


201611伊勢14

テーマパークっぽい趣向で、楽しめます。


201611伊勢13

最上階は、
本物の金箔で作られているらしい・・・。


201611伊勢15

ちょっと一つ分からなかったのが、こちら。



安土桃山×といったら、豊臣秀吉?かと思ったら、

菅原道真でした。
なんでだろう・・・。


201611伊勢16

人は少なかったけど、それがむしろ良かったし、
何より、園内でお仕事をされている役者さんたちが、
とても印象的で楽しかったです。

また是非、行ってみたいところでした。




我が家の天使

ついこの間まで、
元気にしていたうちの家族が急逝。

若かったから、
病の進行も早かったということか。

ルシエル03

ルシエル02

ルシエル04

ルシエル05

ルシエル01

ルシエル、
本当に天使になっちゃった。


最近のあちこち


ここ最近は、
あまり名城巡りなどをしていませんが、

それなりにあちこち出ています。
まず行ったのが、福島県。

201610各地の旅01

いわき駅で、昼時の乗り換え。
なかなかランチできるところが見つからず、入ったのがここ。


201610各地の旅02

こりゃまた、すごいラーメンでした。


201610各地の旅03

そのあと乗り換えて乗ったのが、
ゆうゆうあぶくまライン。

これは情緒があって、とてもよかったです。


201610各地の旅04

なんとなーく、
ディズニーのウェスタンリバー鉄道に乗ったような気分でした。


次に行ったのが、三重県。

201610各地の旅05

近鉄・・・。
せっかくなので、松坂牛でも食べてみようかと思ったのですが、


201610各地の旅06

なかなか・・・なかなか・・・というか、
全然、牛肉は見つからず、結局名古屋まで戻ってきて、
新幹線乗る前に、牛めし弁当を買ったのでした。


続いて行ったのが、滋賀県。

201610各地の旅07

なかなか行く機会のないところでしたが、


201610各地の旅08

ここでは、近江聖人と呼ばれている
中江藤樹について、ちょっとだけ学んできました。


さらに福岡。

201610各地の旅09

これまで、福岡はほぼ博多市内しか知りませんでしたが、
少し外に出てみました。


201610各地の旅10

一度、来てみたかった大宰府。


201610各地の旅11

ようやく来れました。


201610各地の旅12

なんというか、道真公の波乱の人生。


201610各地の旅13

藤原氏には困ったものです。


201610各地の旅14

今度は、岩屋城跡とかにも行ってみたいです。


で、最後に大阪。
南海線の駅構内にあった、ラピートルジャー。

ラピートかっこいいし、これはアリでしょう!と思ったのですが、

201610各地の旅16


これ、アリなのかな!?

201610各地の旅15

うーん・・・うーん・・・うーん・・・・・・・。

オフィス街の歴史館


最近、割とよく行っている大阪。

ただ、行くところが決まってしまっていて、
知らないところもたくさんです。


そんななか、
先日、初めて淀屋橋で降りてみました。

何がある、とか全く知らないまま、
時間調整をする必要があったので、
周りに何があるか調べてみたら、

適塾発見!

このあたりはオフィス街で、
そんな歴史的建造物が残っているとは思いませんでした。

201609適塾02

オフィスビルが立ち並ぶ中、
ポツンとそれらしい建物。


201609適塾03

さすがに数百年前、とかではないので、
そのままのものが残っているという感じ。


201609適塾04

緒方洪庵先生、
ここにおわしたわけですねぇ。


201609適塾05

家族の生活の場、
学生たちの学習の場・・・


201609適塾06

それらが混在しているところが、
まさしく私塾という感じです。


201609適塾07

二階の大部屋は、
塾生たちが集まって、議論なんかもしていたそうな。


201609適塾09

時間調整のために寄った淀屋橋でしたが、
ちょっといい見学をさせてもらいました。


夏休みの城巡り

この夏休み、
最近、城にハマっている息子に促されて、
城巡りをしてみました。

20160813城巡り01

まずは、鳥取空港まで行って、
そこから羽衣石城へ・・・結構、山を登りました。

この後も、いくつか山城に行きましたが、
最初がこの羽衣石城だったので、
その後の大体の山城は、割と簡単に登れました。


20160813城巡り02

続いて、松江に移動して、松江城

松江城の復原は、どうやら本物にこだわっているらしい。
今、大手門がないのですが、
元々の大手門の設計図を探しているのだそうです。


20160813城巡り03

こちららは、月山富田城
日本の五大山城のひとつとも言われています。

堀尾氏が松江に移る前まで、ここを根城としていたそうです。
残念ながら、この時は工事中で、上に登ることはできませんでした。


20160813城巡り04

そして、姫路城。本当に雄大です。

ここでは千姫の物語を勉強しました。


20160813城巡り05

続いて明石城
明石公園の中にあって、
この日は、高校野球の予選が行われていました。


20160813城巡り06

篠山城には、いわゆる天守閣がありませんが、

秀頼がいる大阪と西国大名との分断を図るうえで、
大事な拠点として、築城名人・藤堂高虎が築いたそうです。


20160813城巡り07

近年、天空の城としても有名になった竹田城

重機もない時代に、
よくもまぁ、こんなところにこんな建築物を作ったものだと感心します。
雰囲気、マチュピチュに似てますね。

20160813城巡り08

豊臣秀吉による兵糧攻めで、
大変な経験をしたとして有名な鳥取城

ここの物語は、もっといろいろと伝えられていいと思います。


20160813城巡り09

そして、大きく移動して名古屋城

本丸御殿の展示などもされていますが、あれは本当に豪華です。


20160813城巡り10

信長時代の清州城は、こんな感じではなかったのでしょうが、
いつも新幹線から見えていたので、気になっていました。

ついに来ることができました。


20160813城巡り11

国宝・犬山城
前回来たのは、きっと小学生か、中学生くらいの時。

その頃から、何も変わってないのですね。


20160813城巡り23

この表示に国宝らしい歴史を感じました。
「今回」って・・・。


20160813城巡り12

そして、岡崎城
徳川家康が生まれたところ。

ここでは、松平家について学びました。
松平清康の「守山崩れ」とかは、息子に教えてもらいました。


20160813城巡り13

城巡りではないですが、
せっかくなので、少しばかり古戦場巡り。

桶狭間古戦場跡というのは、
2つあるらしいのですが、まずはそのうちの一つ。

こちらには今川義元の墓なるものもありました。


20160813城巡り14

そして、
もううひとつの桶狭間古戦場跡は、桶狭間古戦場公園。
ここには二人の主人公の像がありした。


20160813城巡り15

場所を移して、岐阜城
ロープウェイで上がったので、あっという間でした。

言わずと知れた、斎藤・織田の城。
三法師こと織田秀信は、ここにいたのですねぇ。


20160813城巡り16

大垣城
ここは天下分け目の関ケ原から近くで、関ケ原の前哨戦もあったところ。

前哨戦では、西軍が勝ったようですが、
この城を抑えていたのは、やはり東軍だったようです。


20160813城巡り17

西に向かいながら、
関ケ原の地を回ってみました。


20160813城巡り18

あちこちに陣地跡や石碑が見られ、


20160813城巡り19

石田三成陣地跡だった
笹尾山から眺めてみると、関ケ原全体を見渡すことができ、
思わず、当時の戦の様子を想像してしまいます。


20160813城巡り20

小谷城は、
主な石垣以外、何も残っていませんが、
ある意味では、秀吉が廃城にした当時のまま、という感じ。

そして、信長軍が陣取った虎御前山を見ると、
当時の浅井長政の見た景色なんだと思ってしまうわけです。
ロマンですねぇ。


20160813城巡り21

さらに場所を移して、首里城
ここはまた全然違いますね。

琉球王国の王政について、少しだけ勉強しました。


20160813城巡り22

最後に福岡城
ここは黒田氏が築城したところ。

天守閣はありませんが、
もともと天守がなかったとか、
あったけど秀吉に遠慮して取り壊したとか・・・。

どちらにしても、
秀吉への配慮、というのは本当な気がします。

黒田氏の政治的配慮を感じますね。

プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR