FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰行脚

先日、鳥取に行ってきたとです。

20171229山陰-01

嫌な予感が的中。
大寒波がやってきていて、大雪降ってたとです。


20171229山陰-02

足を踏み入れたら、この通り。


20171229山陰-03

体を投げ入れてみたら、この通り。


20171229山陰-04

念のため、
4WDのスタッドレスにしておいてよかったとです。


20171229山陰-05

鳥取砂丘は、大雪原。


20171229山陰-06

自動的に始まった雪だるまづくり。


20171229山陰-07

三段だるまが、割と短時間に出来上がりました。


20171229山陰-08

宇部神社。

20171229山陰-00

竹内宿禰が残した双履石。


20171229山陰-10

天守閣はないけど、米子城。


20171229山陰-11

石垣、ものすごく大きくて、立派でした。


20171229山陰-12

水木しげる記念館。
そこそこ時間が足りなくなるほど、見るものありました。


20171229山陰-13

CMで話題にもなったことがあるべた踏み坂。
もう少し明るい時に行ってみたかった。


20171229山陰-14

そして、松江城。
このアングルからは、なかなか撮らない。
出入り口からは反対側からのショットです。


20171229山陰-15

資料館内で、抹茶。


20171229山陰-16

荒神谷遺跡。
出雲地方が、歴史的要所であったことの証。


20171229山陰-17

大国主命の出雲大社。


20171229山陰-18

出雲教、出雲国造・北島家。
いろいろ複雑な事情があるのかな。


20171229山陰-19

旧出雲大社駅。


20171229山陰-20

汽車の時代は知らないけれど、
改札口なんかをみて、
昔の国鉄時代の駅を思い出しました。


20171229山陰-21

帰路はサンライズ出雲。


20171229山陰-22

この雰囲気、いいわけです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。