会津若松と白河小峰


ここ最近、
東北地方で城を巡るなんてことがなかったのですが、
先日、ようやく行ってきました。

今回は、会津若松城白河小峰城

会津若松は、やはり幕末を想起させます。

201711東北-01

聞くところでは、
幕府が真面目に戦争をしていたら、
薩長に勝っていたかもしれない、なんて話もありますが、
ある意味、先見の明があった将軍が、
内戦しないようにそれを避けたとするならば、
この地での悲劇も必然だったのかもしれませんね。

201711東北-02

また、幕府への忠節を誓った
会津家訓を定めた初代会津藩主の保科正之は、
会津藩で、非常に神格化された存在であることも、今回知りました。

201711東北-03

そして、飯盛山


201711東北-04

飯盛山といえば、白虎隊ですね。
自販機も、見事に白虎隊バージョンになっていました。


201711東北-05

白虎隊の自刃時に、生き残った飯沼貞吉の話は、
行く前に勉強していきました。


201711東北-06

この水路は、
白虎隊が通ってきたところと言われています。


201711東北-07

そこから自刃の地に向かう途中にあるさざえ堂。
きっと、白虎隊の隊士たちも、この付近を通ったのでしょうね。


201711東北-08

自刃の地は、今は一般の墓地。

その一般の墓石には、
結構有名な法人のお偉方の名前があったりしたので、
ここは割と、そういうステータスにもなっているのかなぁ等と思ったり・・・。


201711東北-09

こちらは藩校・日新館。
実際の日新館は、会津若松城の横にあったそうですが、
こちらは、少し離れた場所に再現されたもの。


201711東北-10

当時の学問体系が説明されていたり、
シーンが再現されていたので、とても分かりやすかったです。

そして今回、最後に訪れたのが、白河小峰城。

201711東北-11

現在、石垣の修復工事の真っ最中で、
この日は、工事現場の公開日でした。

ただ、石を積むのではなく、
以前の石垣の傾斜はもちろん、
ひとつひとつの石の配置を分析して、
基本的には、同じ場所に同じ石を置くようにしているそうです。

201711東北-12

天守閣も、
とてもきれいなお城でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR