FC2ブログ

宗像三女神など


先日、宗像大社関連の世界遺産登録に関するニュースがありました。

だから行ってきた、というのではないですが、
たまたま機会があったので、そのニュースに近いタイミングで行ってきました。

201706宗像01

宗像大社は、
宗像三女神という神様たちを祀っており、
辺津宮、中津宮、沖津宮の3つから構成されています。


201706宗像02

辺津宮は、かなり行きやすく、


201706宗像03

中津宮は、大島という島にあるため、
船で渡らなければならず、ちょっとだけ行きにくく、


201706宗像04

沖津宮がある沖ノ島は、ほぼ行くこと不可能。

基本的に上陸も許されておらず、
この日も大島の遥拝所からのお参り。

行けないことは残念ではありますが、
この容易に人を寄せ付けないところが、
逆に宗像大社(沖津宮)の魅力なのではとも思います。


201706宗像05

世界遺産なんかにしてしまったら、
無理に行きたがる人が増えたりして、

トラブルにならないか、とちょっと心配にすらなります。


201706宗像06

世界遺産・・・そんなに良いものなのかねぇ。


201706宗像07

中津宮がある大島には、
安倍宗任の墓がありました。

元々、東北にいた有力者の墓が?!

調べてみたら、島流しの結果のようですが、
ここでもそれなりの実力者だったようです。


201706宗像08

あとこのあたりは、
神功皇后の三韓征伐にまつわる神社が多くあり、


201706宗像09

しめ縄が立派で、
参道からの景色がCMでも使われたことでも
有名な宮地嶽神社にもお参り。


201706宗像10

ちょっと足を延ばして、宇佐神宮。
こちらは、神功皇后の息子である応神天皇がご祭神。


201706宗像11

香椎宮は、
仲哀天皇、神功皇后、武内宿禰のストーリーがあった場所。


201706宗像12

どんなストーリーかは、ここでは書きませんが、
武内宿禰という人物の影響力が強かったのは間違いないですね。


201706宗像13

香椎宮の奥には、
武内宿禰にまつわる「不老の水」もありました。


201706宗像14

どの神社に行っても、
このあたりのストーリーは、いつも気になってしまうのでした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR