あ、合格してます


先日、息子に

「この間、パパの日記見たんだけど、
 僕の受験の結果が出てないよ?」


との指摘を受けました。


それは去年の2月、
息子が受験をしているときの記事で、

息子の受験が、いよいよラスト
というところまでは書いていたのですが、

その後、何も書いていないので、
アレでは、自分がどうなったのか分からない、

というものでした。


まぁ、息子が、
まさか私の日記をみているとも思わなかったので、
ちと油断したのも事実ですが、

別に隠してたわけじゃありません。


息子もそうだったと思いますが、
とにかくたまらない解放感で、
ついつい、結果を記すのを忘れてしまったのです。


てことで、あらためて書くと、
息子の結果は、無事、志望校合格でした。

20160127受験報告-1


あれからまだ一年しか経っていないのですねぇ。
もう、とっくの昔の出来事のように感じます。

一通り受験も終えて、
最近は、娘も息子も大いに学生生活を楽しんでいるように思います。


一方で、ここ数日の間に、学歴偏重の考え方に凝り固まり、
それに基づいた偏見や差別的言動に触れる機会がありました。

まぁ、がっかりします。

熟し終わった大人は救いようがないにしても、
これから育っていく子供がそんな狭い価値観に毒されるとしたら、
それは一人の大人として、看過できない事です。


大したことができる自分ではありませんが、
身近のところから、コツコツとこなしていきたいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR