恥ずかしくないもん

子供たちを連れて、ファミレスに行きました。


その日のその時間、


そのファミレスでは、


僕の仲間が打合せをしているのを知っていたので、


今日は、パパの仕事の人がいるから、


あとで、ご挨拶に行くよ。


と言ったところ、


息子が、僕の耳元まで来て、ちーさな声で、


パパ、

プリキュアの話とかしちゃってるの?


だってあせる





してるにきまってるぢゃんDASH!


って、言ったら、


さらに、


えぇぇぇぇぇ~ビックリマーク


だってあせる





プリキュアだけじゃなく、


仮面ライダーの話だってしてるさアップ





息子や娘たちの感覚だと、


パパは、恥ずかしくないのだろうかはてなマーク


ということらしい汗




一応、


そんなパパで、お前たちが恥ずかしいのか?


と聞いてみたら、


そうではないというので、まったく問題なしビックリマーク




まぁ、ちょっと不思議なパパにみえるのでしょう。




娘は、


そういうことを恥ずかしがらないパパをネタにして、


学校で、いろいろ話しているらしいし、


それでよい!と思うのです!!




何を恥ずかしいと感じるかは、人それぞれだしね。





少なくとも、


僕は、自分が好きなことに、


自信と誇りをもたなくちゃと思うのでありますDASH!

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

おつかれさんでした。

そんな恥ずかしい事はなにもしていない、はず。。。

また、相談したい事もあるのでよろしく。

2. Re:無題

>knjsgmtさん
らじゃ、らじゃ!

3. ぷぷぷwww

子供たち、よくお父さんを理解しておりますなぁw

お嬢さんはきっと、自分たちが観ているアニメにパパが詳しいのでお友達にもちょっと鼻が高いのではないかにゃ!?物知りパパはステキだもんねぇ~

4. Re:ぷぷぷwww

>ゆっきーさん
鼻が高いみたいな感覚だったらいいねぇ。
どうも、「パパ、変」の一言で終わりはしないかとおもってみたりもするww
プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR