子供と夢

今日、鴨川シーワールドに行ってきました。


とっても、楽しかったです音譜


まぁ、この話はあらためて整理するとして・・・。


唐突ですが、


僕には、いろいろとやろうと思っていることがあります。


そのうちのひとつが、


千葉県に一大テーマパーク群を作るというものメラメラ


成田空港が羽田に負けるはてなマーク


アクアラインが大赤字はてなマーク


そりゃ、何もなかったら、早晩ダメになるでしょう。


もっと楽しくしましょーよにひひ


千葉県にディズニーランドがあって、


何故、仮面ライダーランドができない!?


どうして、ドラえもんワールドがないのだ!?


何故に、ガンダムパークが作られない!?


・・・要は、日本のコンテンツをテーマにした


一大テーマパーク群を作れたら、


皆が、とってもハッピーになるのではと思うわけです。




今朝、アクアラインを渡ってから、


車の中で、その話を延々していたら、


助手席の娘が、僕の方を見て


「夢があるねぇ」だってあせる


子供に言われたよ汗



そんなふうに、普段から夢っぽいことを言わない子供たち。


ところが、帰りの車の中では、子供たち同士で、


ポケモンパークを作るとか、


マリオパークを作るとかの議論で盛り上がっていました。


実にいい感じアップ





子供は夢を見るものだと思います。


でも、大人が夢を見なかったら、


子供だって遠慮してしまうでしょう。


大人も大いに夢を見て


それをほんの少し、子供に分けてあげられたら、


きっと夢を大切にする子供に育つような気がするのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR