スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国ゲーム

諸々の事情により、
この間から、「信長の野望」を始めました。

KOEIの歴史シミュレーションは、
どちらかというと「三国志」ばっかりしてきたので、

「信長の野望」は、もう何十年ぶり。


で、普通は、信長で遊ぶんだろうけど、
どうも信長はあまり好みではなく、


ここはお約束の自分のキャラを作って、
北条氏でプレイしてみました。

三国志とかだと、
自分のキャラで、君主になったりできるのだけど、
このゲームでは、それができないようのなので、

ひとまず、北条氏の傘下に入りもうした。

20140803-信長の野望1


シナリオが始まってすぐ、
あちこちから攻められまくった

ギリギリの兵力で、
挟み撃ちとかを駆使しながら、かわすのが楽しいのだな。

でもって、なんとか敵の侵攻を防ぎつつ、
攻勢に出た敵の空き城を狙ったりしながら、
順調に領土拡大。


リアルに自宅近所にある
玉縄城を無事支配下に入れました。

20140803-信長の野望2

やっぱ、玉縄城が領土内にないと、落ち着かんのです。


って、よくみたら、鎌倉の大仏まであったよっ

20140803-信長の野望3

ふむふむ。
あのあたりが江ノ電ですな


で、その後も順調に領土を広げて・・・

20140803-信長の野望4

一大勢力を築き上げたのでした。
そして、この家臣群がよいっ

20140803-信長の野望8

武田信玄織田信長木下秀吉徳川家康・・・

曹操、孫権、孫策、劉備を配下に入れたような、そんな気分?
とにかく、こういうゲームの楽しいところは、こういうところですな。

20140803-信長の野望7

家臣・信長にこんな風に言われたりするのは、ちと嬉しい


で、全国平定


20140803-信長の野望6

やってみての感想は、
思ったほど、ゲームシステムが複雑ではなく、

将棋の駒を、右に左に動かしながら、
うまく敵を殲滅することを考える、みたいな
割と単純な作りのような気がしました。

この手のゲームで、あまり複雑にされても
ちょっと遊びにくくなってしまうので、
これくらいがちょうどいいのかな。

さて、次は誰でプレイしようかな。


スポンサーサイト
プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。