スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWの旅行

GWというと、
とてもとても混むというイメージで、
あまり外出することはないのですが、
今年は、ちと旅行に出てました。

バスツアーなので、
運転することもないため、
GWの大混雑も、割と気にならなかったかもです。


朝、まず町田に集合して、
えっちらおっちら北に向かいました。


2013GW01

到着したのは、白川郷。
もう17時を過ぎていて、陽は傾きつつありました。


2013GW02

合掌造りの家々が並ぶ集落。

なかなかに雰囲気があります。



娘が水路にカメラを向けているので、

2013GW04

そっちを見てみたらびっくり!

2013GW03

何十センチもあるニジマスが泳いでいました。


せっかく来たので、
中も覗いてみようということで、
集落の中でも、大きめな「長瀬家」にお邪魔しました。

2013GW05

意外と中はしっかりしていて、
冬でも結構暖かそうに見えました。


2013GW06

上にもかなり上がれるようになっており、
そこには、いろいろな歴史を感じさせる展示物がありました。



この日は、渋滞の影響もあり、
10時間以上バスの中で、ほとんど移動でした。




翌日の朝、立山黒部アルペンルートに向かいました。

2013GW07


立山駅前、すんごい人です。
ただそれでも、我々は運がよく、午前中にスタートできました。

運が悪いと何時間も待たされて、昼頃に出発・・・
なんてこともあるそうです。


まずはケーブルカーで7分ほど上がります。

2013GW08


上がってみたら、

「うぉ!雪ぢゃん!!!」という状態。


しかし、これはまだまだ序の口でした。
ここからバスに乗って、さらに上がっていきます。

2013GW09


初めのころは、ただ雪が珍しかったのですが、



2013GW10


その雪は次第に高くなっていき・・・


2013GW11


バスの高さにまで迫ってきます。


2013GW12


むむー・・・ポスターとかで見るような、
あの雪の光景は本当なのか?!

などと思っていたら、


2013GW13


いよいよ雪は、バスの高さを超え始め、


2013GW14

ついには・・・


2013GW15

こんな感じになりました。
今年は、18mのところまで積もっていたみたいです。

なかなかの迫力です。


しかし、アルペンルートはこれでは終わりません。



この後、トロリーバスに乗り、

2013GW16


ロープウェイに乗り、

2013GW17


さらにながーいトンネルから現れた

2013GW18


ケーブルカーに乗り、

2013GW19


ようやくたどり着いたのが黒部ダム。

2013GW20

ダムを見るたびに思いますが、
よくもまぁ、これだけのものを作りましたなぁ。

とくに黒部ダムを作るにあたっては、
大変なトンネル工事もしたようで、


2013GW21

そんなストーリーを聞いてから、
そのトンネルを抜けるトロリーバスに乗ると、
1m、1mが、とても重く感じられたのでした。

2013GW22

今年は、黒部ダム50周年だったようで、
乗ったトロリーバス、ちょっとかわいらしかったです(笑)。



2013GW23

結局、バスに戻ったのは15時過ぎくらいでした。

アルペンルートを抜けるまでに、

ケーブルカー ⇒ バス ⇒ トロリーバス
 ⇒ ロープウェイ ⇒ ケーブルカー ⇒ トロリーバス

ということで、合計6つの乗り物に乗りました。

そこまでしないと抜けられない場所が、
日本にあるということにちょっとした「発見」を感じました。



さらに三日目、上高地に行きました。


2013GW24


いやぁ、日本じゃないみたいな風景です。

2013GW25

水もきれいだし、

2013GW26

天気もよかったので、


2013GW27

抜けるような青空が広がっていました。


2013GW28

河童橋付近は、
さすがに混んでいましたが、


2013GW29


十分にハイキングを楽しめました。



帰りの高速道路は、30kmの渋滞。

けれども、自分が運転するわけでもないし、
途中、運転手さんが機転を利かして、
一部、一般道を利用するなど、効率的に渋滞を回避し、

割と早い時間帯に戻ることもできました。


めったに出かけることはないGWでしたが、
旅を満喫したのでありました。



スポンサーサイト
プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。