過剰練習に注意

暖かくなり始め、
いよいよ具体的にゴルフコースに出る予定も入ってきました。

変なことになるのが嫌なので、
一所懸命・・・それはもう一所懸命練習してました。


去年、
無理にしすぎて、肋骨折りました。

今年は、肋骨も大丈夫そう・・・だったのですが、
まさかの落とし穴。


ここのところ、
手にしびれがあったのですが、
病院で診てもらったら、
首の骨に問題がある可能性があるとのこと。

ゴルフ、やめるように言われました。


ん?
コースに出る予定もキャンセルできるのなら
それでもいいんだけど・・・それ、可能なのだろうか。

どっちにしても、
一生、手にしびれがある、なんてのも困るので、
週明け、あらためてちゃんと診てもらいます。

ふぅ・・・。

組織と社会



昨年末から、
ずーっと相撲協会の話が収まらないですね。

まぁ、いろいろあるでしょうが、
組織を変えるとか、社会を変えるとか、
簡単なことじゃないことだけは確かでしょう。

今回の相撲協会の件で感じることは、
そういう簡単でないことを進めるには、

強かさ(したたかさ)が欠けてたと言わざるを得ないですね。

今回のごたごたのきっかけとなった
暴行事件に対する初動から、
完全に間違っていたと思います。

人のふり見て、我がふり直せ。

ほんと、自分も気をつけなきゃです。



ゴルフ修練





ゴルフ、大っ嫌いです。
うん、そう。結構嫌い。

けれども最近、
どうしてもやむを得ない事情から、始めることにしました。

始めて数か月経ちますが、こう・・・クラブ投げつけたくなる。

ゴルフ修練。
是即ち、精神修養なり。


もう少し、根気をもって続けてみます。






山陰行脚

先日、鳥取に行ってきたとです。

20171229山陰-01

嫌な予感が的中。
大寒波がやってきていて、大雪降ってたとです。


20171229山陰-02

足を踏み入れたら、この通り。


20171229山陰-03

体を投げ入れてみたら、この通り。


20171229山陰-04

念のため、
4WDのスタッドレスにしておいてよかったとです。


20171229山陰-05

鳥取砂丘は、大雪原。


20171229山陰-06

自動的に始まった雪だるまづくり。


20171229山陰-07

三段だるまが、割と短時間に出来上がりました。


20171229山陰-08

宇部神社。

20171229山陰-00

竹内宿禰が残した双履石。


20171229山陰-10

天守閣はないけど、米子城。


20171229山陰-11

石垣、ものすごく大きくて、立派でした。


20171229山陰-12

水木しげる記念館。
そこそこ時間が足りなくなるほど、見るものありました。


20171229山陰-13

CMで話題にもなったことがあるべた踏み坂。
もう少し明るい時に行ってみたかった。


20171229山陰-14

そして、松江城。
このアングルからは、なかなか撮らない。
出入り口からは反対側からのショットです。


20171229山陰-15

資料館内で、抹茶。


20171229山陰-16

荒神谷遺跡。
出雲地方が、歴史的要所であったことの証。


20171229山陰-17

大国主命の出雲大社。


20171229山陰-18

出雲教、出雲国造・北島家。
いろいろ複雑な事情があるのかな。


20171229山陰-19

旧出雲大社駅。


20171229山陰-20

汽車の時代は知らないけれど、
改札口なんかをみて、
昔の国鉄時代の駅を思い出しました。


20171229山陰-21

帰路はサンライズ出雲。


20171229山陰-22

この雰囲気、いいわけです。


会津若松と白河小峰


ここ最近、
東北地方で城を巡るなんてことがなかったのですが、
先日、ようやく行ってきました。

今回は、会津若松城白河小峰城

会津若松は、やはり幕末を想起させます。

201711東北-01

聞くところでは、
幕府が真面目に戦争をしていたら、
薩長に勝っていたかもしれない、なんて話もありますが、
ある意味、先見の明があった将軍が、
内戦しないようにそれを避けたとするならば、
この地での悲劇も必然だったのかもしれませんね。

201711東北-02

また、幕府への忠節を誓った
会津家訓を定めた初代会津藩主の保科正之は、
会津藩で、非常に神格化された存在であることも、今回知りました。

201711東北-03

そして、飯盛山


201711東北-04

飯盛山といえば、白虎隊ですね。
自販機も、見事に白虎隊バージョンになっていました。


201711東北-05

白虎隊の自刃時に、生き残った飯沼貞吉の話は、
行く前に勉強していきました。


201711東北-06

この水路は、
白虎隊が通ってきたところと言われています。


201711東北-07

そこから自刃の地に向かう途中にあるさざえ堂。
きっと、白虎隊の隊士たちも、この付近を通ったのでしょうね。


201711東北-08

自刃の地は、今は一般の墓地。

その一般の墓石には、
結構有名な法人のお偉方の名前があったりしたので、
ここは割と、そういうステータスにもなっているのかなぁ等と思ったり・・・。


201711東北-09

こちらは藩校・日新館。
実際の日新館は、会津若松城の横にあったそうですが、
こちらは、少し離れた場所に再現されたもの。


201711東北-10

当時の学問体系が説明されていたり、
シーンが再現されていたので、とても分かりやすかったです。

そして今回、最後に訪れたのが、白河小峰城。

201711東北-11

現在、石垣の修復工事の真っ最中で、
この日は、工事現場の公開日でした。

ただ、石を積むのではなく、
以前の石垣の傾斜はもちろん、
ひとつひとつの石の配置を分析して、
基本的には、同じ場所に同じ石を置くようにしているそうです。

201711東北-12

天守閣も、
とてもきれいなお城でした。

プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR