FC2ブログ

2018年前半の城巡り

気がつけば、夏も終わりそうな雰囲気。
このブログの前回の投稿が、「しびれ」がどうとか、
何か大変なことになっていて、ちょっと引きました(汗)。

「しびれ」は、その後病院に行って、問題なかったです。

それはさておき、
今年もあちこち回っています。

あちこち回っているのは、基本、城巡りです。

ひとまず、記録帳的に、行った順で書き留めておきます。

小沢城
小沢城。神奈川県にある山城跡です。


小谷城
小谷城。浅井家の城ではないです。こちらも神奈川にある山城。


杉山城
杉山城。こちらは埼玉の山城。
きちんと整備されていて、当時の面影を感じられました。


腰越城
腰越といったら、鎌倉をイメージしてしまいますが、
こちらも埼玉県の山城です。


小倉城
小倉城。九州ではなく、埼玉比企郡の山城。


石田堤
忍城を水攻めにした、石田三成が作ったとされる堤跡です。


忍城
のぼうの城で有名な忍城。


武蔵松山城
武蔵松山城。
草木が生い茂っていました。冬場にもう一度行ってみたいです。


菅谷館
菅谷館。畠山重忠について学びました。



小机城
小机城。新横浜からほど近いところにある山城。
空堀、なかなか迫力あります。


小田原城
小田原城。
いうまでもなく、北条氏の本拠地。
天守閣の周りにも、結構いろいろと遺構が残っています。


滝山城
滝山城。八王子城の支城となる山城です。


興国時城
興国時城。「どちへんなきは天野三郎兵衛」、勉強しました。


駿府城
駿府城。
隠居後の家康の居城として、かなり大規模な城だったみたいです。


田中城
田中城。
静岡県の城。縄張りのかたちが特徴的。


諏訪原城
諏訪原城。
同じく静岡県の山城。馬出がとてもきれいに残っていました。


掛川城
掛川城。
戦国時代は山内一豊の城として有名みたいですね。


横須賀城
横須賀城。
徳川家康が、高天神城攻略のために作った城。
石垣の石が丸いのが、ものすごく特徴的でした。


吉田城
吉田城。豊橋にある城。
今年、中世城郭研究会の発表会が、この近くで開催されました。

過剰練習に注意

暖かくなり始め、
いよいよ具体的にゴルフコースに出る予定も入ってきました。

変なことになるのが嫌なので、
一所懸命・・・それはもう一所懸命練習してました。


去年、
無理にしすぎて、肋骨折りました。

今年は、肋骨も大丈夫そう・・・だったのですが、
まさかの落とし穴。


ここのところ、
手にしびれがあったのですが、
病院で診てもらったら、
首の骨に問題がある可能性があるとのこと。

ゴルフ、やめるように言われました。


ん?
コースに出る予定もキャンセルできるのなら
それでもいいんだけど・・・それ、可能なのだろうか。

どっちにしても、
一生、手にしびれがある、なんてのも困るので、
週明け、あらためてちゃんと診てもらいます。

ふぅ・・・。

組織と社会



昨年末から、
ずーっと相撲協会の話が収まらないですね。

まぁ、いろいろあるでしょうが、
組織を変えるとか、社会を変えるとか、
簡単なことじゃないことだけは確かでしょう。

今回の相撲協会の件で感じることは、
そういう簡単でないことを進めるには、

強かさ(したたかさ)が欠けてたと言わざるを得ないですね。

今回のごたごたのきっかけとなった
暴行事件に対する初動から、
完全に間違っていたと思います。

人のふり見て、我がふり直せ。

ほんと、自分も気をつけなきゃです。



ゴルフ修練





ゴルフ、大っ嫌いです。
うん、そう。結構嫌い。

けれども最近、
どうしてもやむを得ない事情から、始めることにしました。

始めて数か月経ちますが、こう・・・クラブ投げつけたくなる。

ゴルフ修練。
是即ち、精神修養なり。


もう少し、根気をもって続けてみます。






山陰行脚

先日、鳥取に行ってきたとです。

20171229山陰-01

嫌な予感が的中。
大寒波がやってきていて、大雪降ってたとです。


20171229山陰-02

足を踏み入れたら、この通り。


20171229山陰-03

体を投げ入れてみたら、この通り。


20171229山陰-04

念のため、
4WDのスタッドレスにしておいてよかったとです。


20171229山陰-05

鳥取砂丘は、大雪原。


20171229山陰-06

自動的に始まった雪だるまづくり。


20171229山陰-07

三段だるまが、割と短時間に出来上がりました。


20171229山陰-08

宇部神社。

20171229山陰-00

竹内宿禰が残した双履石。


20171229山陰-10

天守閣はないけど、米子城。


20171229山陰-11

石垣、ものすごく大きくて、立派でした。


20171229山陰-12

水木しげる記念館。
そこそこ時間が足りなくなるほど、見るものありました。


20171229山陰-13

CMで話題にもなったことがあるべた踏み坂。
もう少し明るい時に行ってみたかった。


20171229山陰-14

そして、松江城。
このアングルからは、なかなか撮らない。
出入り口からは反対側からのショットです。


20171229山陰-15

資料館内で、抹茶。


20171229山陰-16

荒神谷遺跡。
出雲地方が、歴史的要所であったことの証。


20171229山陰-17

大国主命の出雲大社。


20171229山陰-18

出雲教、出雲国造・北島家。
いろいろ複雑な事情があるのかな。


20171229山陰-19

旧出雲大社駅。


20171229山陰-20

汽車の時代は知らないけれど、
改札口なんかをみて、
昔の国鉄時代の駅を思い出しました。


20171229山陰-21

帰路はサンライズ出雲。


20171229山陰-22

この雰囲気、いいわけです。


プロフィール

竹内一斉

Author:竹内一斉
鎌倉市在住、イッセイ株式会社代表取締役、二児(一女一男)の父。

新しい時代を創るには、硬軟併せ持った考え方が必要です。比較的硬い方は、別途、ブログ「常識について思うこと」に纏めているので、ここでは軟らかい方に絞って、気軽に書いていきたいと思います。

Twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR